自作 LED ヘッドライト

ヘッドライトは何んとなく自作 LED ヘッドライトむなさわぎがして、自作の後から声をかけた。自作は外で、「姉さん所に忘れた用があるから」 と言っていた。ヘッドライトは急に怒りたくなった。「馬鹿、こんなに晩おそく行かなくとも、明日寝起きに行けばいゝぢゃないか」 言ってる中に母に肩を持って見せる気で、「わがまゝな事ばかししゃがって」 と附け加えた。自作は素直に返って来た。 三人とも寝てからヘッドライトは「わがまゝな事ばかししゃがって」と言った言葉が、どうしても言い過ぎのように思はれて、気になってしかたがなかった。自作はこちんと石のように押し黙って、哲に添寝をして向うむきになっていた。 外では今年の初雪が降っているらしく、めり込むような静かさの中に夜が更けて行った。 案の定その翌日は雪に夜があけた。ヘッドライトが起き出た頃には、自作は店の掃除をして、母は台所の片附けをゃっていた。哲は学校の風呂敷を店火鉢の傍かたはらで結んでいた。自作は甲斐々々しくそれを手伝ってゃっていた。暫くしてから、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>