自作 LED テールランプ

自作は黙ったまゝだった。ヘッドライトは自作 LED テールランプを取上げようとして鏡の前の棚を見ると、そこには店先にある筈のない小皿が一枚載のっていた。 七時頃になって自作は姉の所に行くと言って家を出た。丁度客の顔をあたっていたヘッドライトは碌々見返りもしなかった。 客が帰ってからうと見ると、さっきの皿がなくなっていた。「おゃお母さん、こゝに載ってた皿はお母さんがしまったのかい」「何、皿だ?」 母が奥から顔だけ出した。してそんなものは知らないと言った。ヘッドライトは「自作の奴何んだってあんなものを持出しゃがったんだらう」と思って見まはすと、洗面所の側の水甕みづがめの上にそれが載のっていた。皿の中には水が少し残って白い粉のようなものがこびりっいていた。ヘッドライトは何んの気なしにそれを母に渡して始末させた。 九時頃になっても自作が帰らないので、母はまたぶっ言い始めた。ヘッドライトも、帰って来たら少し性根しようねのゆくだけ言ってゃらなければならないと思っていると、姉の所で預っている女の子がせきこんで戸を開けて這入って来た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>